私のスポクラスピリッツ

私のスポクラスピリッツ

2012年8月25日土曜日

三重県尾鷲市梶賀町界隈の景色。SIGMA DP2 Merrill 2012 08 22. Ver5


記憶の中では40年前と変わらずに時間の流れが止まったままの、
お馴染みの三重県尾鷲市梶賀町界隈の景色と画像です。
2012年08月21日の夜10時30分に到着。翌朝22日に梶賀町から熊野方面へ、
国道42号線から311号線を使用して湾岸コースを満喫です。
横浜から尾鷲市梶賀町までは約490キロの道のりでした。 
尾鷲市梶賀町〜「熊野街道」市街地を抜け311経由で熊野方面から鬼ケ城です。

伊勢湾岸自動車高速道路と紀伊半島高速道路のおかげで
長旅単線道路42号線の旅も随分と楽になりました。
前回2011年と同じく紀勢大内山インターまで繋がり、
大宮大台インター時代より時間も30分近くショートカットが可能になりました。
42号線を走らせ今度は海山インターから、
尾鷲北インターまでのジョイントで高速道路を使用。
今のところこの海山〜尾鷲北までの区間は
料金は無料との事ですからついつい利用して参りました。
全線開通まで後僅か!今後のジョイントが楽しみです。

面倒くさい小型コンパクトカメラ
SIGMA DP1から開始して歴代の深化を味わいました。
初代の DP1 深化のSが末尾についてDP1S そしてDP1X ,
最新型のDPシリーズもMerrillのDP2 を迎えて
それなりに進化を繰り返し使い慣れて来ると、
撮影する時の微妙な癖も書き込み速度に費やされる待たされ気味の息使いも、
気にせずにコツが飲み込めてくるから阿吽の呼吸と言うか不思議な感覚です。
こんな風に撮れているのかな?とイメージを想像し適当なアングルを思いながら、
シャッターを押す度に変な気持ちよさが脳内から自然と滲み出て参ります。
あえて文句を言うのであれば高画質故の消費電力の面倒臭さでしょうか?
消費の激しいDPシリーズがさらに深化してMerrillでは、
スタミナ不足の電池持続時間の問題が加速して行きます。熱を持ち激しく消費です。
スペアバッテリーを追加で2個持参してなんとか合計4個でスタンバイ。
定期的に随時交換すればなんとかギリギリに尾鷲界隈と梶賀小学校までは何とかクリアーでした。
充電器2個とさらにスペアバッテリー2個を追加でオーダーする必要がありそうです。

さてさて今回の梶賀町撮影ですが毎度お馴染みの早朝5時起きで張り切って、
街の景色のあちらこちらを記憶の断片に残る構図で適当に切り取って参りました。
建物と建物の隙間を通して眺める向こう側の景色や、30mm単焦点で切り取る変わらぬ景色の面白さ!
船がユラユラと動きながら水位の変動とともに微妙に街全体のアングルも変わる微妙な面白さ!
早朝ですとさすがに街は人の気配も少なく、ある意味映画の撮影村の如きゴーストタウン状態でした。
半年に1度の割合で同じようなアングルで切り取っておりますが、
これはこれで繰り返される事によりもしかしたら小さな時間軸での変化があるのかも知れません!



























































































































































































0 件のコメント: