私のスポクラスピリッツ

私のスポクラスピリッツ

2014年12月8日月曜日

AFF-3 Mechanical Tokyo 2014 12 08 AMG G55L改 G63仕様。TCM SPORT CHRONO 47 プロトタイプ0824














AFF 1 Limited 24 SPORTS CHRONO 47


グリーンの文字盤が希少なる存在感を放ちます。
実はこのグリーン文字盤という色はなかなか存在していない、
珍しい色の組み合わせによる特殊カラーの文字盤でも御座います。
クロノグラフモデルで逆リューズの7750縦目配列によるデザイン
厚みと重量感はもちろん、ライムグリーンの針が魅力です。
そして無反射コーティングサファイヤ平面ガラスの組み合わせ、

ケース素材は贅沢なる
316ステンレススティールに
裏蓋はPVD加工が施された
チタニューム素材で組み込まれます。
これにより金属アレルギーに敏感な方にも
ある程度は安心してご使用頂けます。
風防は視認性に優れた無反射コーティング加工が
施された上質サファイヤ
クリスタルレンズを惜しみなく採用です。
ベースの完成度がこれほまでに高い
TCMの縦目クロノグラフモデルが新しく、
ブラックバージョン限定として復活。
ケース径も外径47mmで
極太なサイズ感が魅力的です。
SORCI VERDI LX BLACK として
イタリア本国での発表で60本限定で
発売される運びとなりました。

その数少なき贅沢なSORCI VERDI LXをベースに
厳選し絞り込み僅か24本だけの、
限定バージョンを企画させて頂きました。
つまり60本限定のSORCI VERDI LX BLACKを
さらにカスタムさせた究極なる
ダブルリミテッドバージョンとなるのです。
60本限定における内部での24本限定であり、
その中の1本を贅沢に選ぶという
何とも表現出来ない醍醐味なのです。

ポルシェのオーナーなら誰もが知っている
スポーツクロノというネーミングもまた
何とも云えない響きが御座います。
紅いAFF-1のシンボルロゴ入り
特別バージョンとして誕生致しました。
限定数僅か24本と試作プロトタイプの2本の合計で
26本のみ生産されました。
長期5年保証は日本輸入代理店
モントレソルマーレ社の2年保証に付け加え、
AFF 保証がプラスで3年分追加された
合計5年保証なので御座います。


加古 俊文


















AMG  G63 最新フォルムを 
2,000年式のビンテージメルセデス 
AMG  G55Lで実現!


AMGコンプリートの
G55Lをベースに
14年の歴史を飛び越えて
AMG  G63スタイルへと
進化させました。

さすがに中古といえども
2014年式モデルですと
約1700万円相当の金額領域を
まだまだ値強く維持しています!

2,000年式のAMG コンプリートは、
運良くもエンジン排気量も同じで
一応は正真正銘のAMGマシンですから
こうした局部的な
エクステリアの一部仕様変更でも
ギリギリOKなのかも知れません。

クルマの世界というのは
ご存知の通り自己満足の世界を、
どう楽しむかという
精神的な問題なので御座います。


最近のAMG G63スタイルは
さすが本家本元AMGです。
個人的にもストライクゾーン
お気に入りデザインだと
強く感銘を受けました。

AMG  のG65よりも
G63スタイルの方が
洗練されているのでは?
ないかと思う程です!
交差点から深夜の
都内の路側帯に駐車させると
違うW463オーナーから
熱い視線が飛んで来ます!
このAMG  G63は
正真正銘の本物なのか?
それとも単なるなんちゃって
カスタムとしてのルックなのか?

短時間における数秒程度で
それはほんの瞬間のスレ違いでも
鋭い審美眼は突き刺さります。

分岐点はどうやらフロントの
ブレーキシステムに視線が飛んで行きます!
外からはさすがにインテリアとしての
内装までは判別出来ませんから、
エクステリアから漂う
全体の雰囲気で判断するのでしょう!

20インチのAMG 純正アルミの隙間からは
ブレンボ社製最大径8ポッドの強化ブレーキがチラリ!
フェンダーや屋根の色からエアロパーツは
ピアノブラックのリミテッドコンビネーションです。

ボディー同色のAMG G63仕様は
たくさん世に出回っておりますから、
ここは限定車両の希少な463  
コンビネーションカラーで決めてみました。

強烈でトルクフルなNAエンジンの
加速やらボディーの剛性感!
強化ブレーキもしっかりと交換済みで
しかもRECAROのCSEを2座席色違いで装着です。
このレカロのこの年式のCSEを装着させる場合は、
やはりクラシカルインテリアがBESTな選択となります。

シンプルで研澄まされたクラシカルな
デザインの室内に絶妙に溶け込みます。
最新型のインテリア室内造形デザインですと
逆にマッチングに神経を使います!

なんでも新しければ良いというものでは御座いません。
古き良き時代の恩恵を適度に楽しみながら、
G63フォルムに漂う最新型に憧れる
気持ちを含めた背伸びだけはさり気なく!
2000年のG55はある意味、
名車なんだと自分はそう強く思います。


加古 俊文









Nikon D300S

TAMRON  
SP150-600mm
F/5-6,3 DI VC USD
(Nikon用)
DX 225-900mm相当
Photo by Toshifumi Kako








































































































































































G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L改の魅力。 Ver-1です。
AMG G55L 改 G63 Limited 仕様 多少古くても何も問題御座いません! 
W463 ビンテージクラシカルなる2,000年モデルのAMGを、
最新型2013年モデルのG63 デザインへとエクステリア廻りを変更です。
排気量は今も昔も変わらずにV8の場合は同じく5500ccで、
しかもこのマシン正真正銘のAMGコンプリートなのですから、 
いってみれば単なる外観エクステリアのデザインの簡易変更なので御座います。 
なんちゃってでは御座いますが、一応AMGはAMGなのですから、 
サバ読みカスタム年式変更で背伸びを多少ワープさせたとしても、 
それこそ何らAMGマシンとしての問題は御座いません。
色のスタイルもカタログ掲載モデル通りに仕上げても、 
それはそれで街ですれ違うAMG G63と同じでは微妙で御座います。
G550リミテッドでお馴染みのスペシャルセレクションカラーで金属感を狙いました。 
こうしてエクステリアをほんの少しだけカスタムさせるだけで、
想像以上に所有欲やら観られた時に感じる気分は大きく違って参ります。 
モノトーンからバイカラーとしてのシルバーとピアノブラックへのコンビネーションは、
それは色の持つ1つの魔法でしょうか、 
薄い色が上で濃い色が下に来るコンビネーションとしての組み合わせは、 
全体的に腰高なる膨張色から低重心なる安定感と落ち着きのある引き締まりを見せてくれます。 
精悍に纏め上げてくれる絶大なる効果も、
ある程度は期待させてくれるのかも知れません。
SUVクロカンのより大きく見せるようなド迫力装飾品カスタムのオーラーよりは、 
コンパクトな上品さがさり気なく味わえる引き算の大人のコーディネートが魅力です。
適度にこれらの控えめな雰囲気とエクステリアセンスが欲しいW463オーナーさまには、
お薦めのツートンスタイルとしてのコンビネーションカラーなのかも知れません。











AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

Thanks to its inception in '20

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Yokohama AFF1
Yokohama, Kanagawa Prefecture Tsuzuki-ku Hayabuchi 3-31-1

045-591-0888

AM: 11: 30 ~ PM: 21: 00
Thursday regular holiday




AFF3 Mechanical Tokyo

Tokyo just right in the middle

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Tokyo Tower 3 shop
Tokyo, Minato-ku, Shiba Park 3-6-23 halo Kaikan Building 1F

03-6459-0831

Representative Director Kako Toshifumi
AM: 11: 30 ~ PM: 20: 00












































































































































































































































































































































0 件のコメント: