私のスポクラスピリッツ

私のスポクラスピリッツ

2016年9月2日金曜日

解体前の老朽家屋  富木島ストアー 「東海市富木島町長田界隈」2016 08 24
















2016  08 24 水曜日
愛知県東海市富木島町長田界隈
老朽家屋 富木島ストアー 
解体前の景色その2

朝の5時起きで
またまた廃墟の撮影です。
第二弾で御座います!

富木島ストアーという存在。

東海市のメイン通りがその昔
こちらの道路を中心に流れていた頃、
この三叉路の交差点は
それなりに商店街として溢れていました。

パチンコ屋さんがあり
ニュー東海さん(辻競遊技会)ありました。

そして八百屋さんあり、
たこ焼き屋さん
(天木みたらし団子店)もあり、
駄菓子屋さんまでもがありました。

複合商店としてこの富木島ストアーも
文房具屋さん、(遠藤文具店)、
鶏肉屋さん(入口鶏肉店)、
魚屋さん、薬屋さん、
服屋さん(たびとよ)等がテナント式経営にて
富木島ストアー内に出店されていました。

隣にはズボン直しのクリーニング屋さん、
その隣はオモチャ屋さんでした。

丸文書房が現在の古本専門店になる前は
同じく複合スーパーとして八百屋、魚屋、肉屋、
フイルム現像DPE取り扱い業務、
駄菓子コーナー、週刊誌新刊本コーナー、
ご贈答ギフトコーナー、タイ焼き屋さん、
子供のオモチャではない
アイディア商品コーナーと、
多種類のテナント集合店舗でした。

夜の9時頃まではこの交差点は
周りの商店街のネオンで明るく、
夏はカブトムシやらコガネムシが
何処からともなく集まって来たものです。

メイン道路の流れが変わって、
1本道がスライドされたことにより、
この交差点は静かにさびれていきました。

それと同時に近隣の喫茶店メルヘンもバタバタと
連鎖反応で静かに閉店していきました。
道1本で地域の景色まで変化するのですから
凄い出来事です。個人の努力も勿論ですが、
全体が一緒に活性していかないと、
個の発展はある意味難しいのでしょうね、

NikonD3S

Carl Zeiss Makro Planar
T* 2/50 ZF.2 F2 ISO 200 
Photo by Toshifumi Kako





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































0 件のコメント: