私のスポクラスピリッツ

私のスポクラスピリッツ

2010年7月21日水曜日

SIGMAのSD15へバッテリーパックを追加しました。












2010年07月21日の水曜日。

吉田さんの注文されていた単焦点50mmマクロレンズを代理で受け取りに、
お馴染みのチャンプ葛が谷店の落合さんの元へ行きました。
無ければ無いで全然問題ありませんが、
あればあったでそれなりに便利なアクセサリーパーツを衝動的に注文しました。
製品名はSIGMA PG-21という後付けパワーグリップです。
目的は電池が余分に1個追加出来るバッテリーパックのようなものです。
スペア電池も1個必要となりますから序でにバッテリーも1個注文です。
7,4V 1500mAh SIGMA リチウムイオンバッテリーBP-21が1個でした。

製品名の「パワーグリップ」とネーミングされるだけあって、
装着するとサイズが大きくなるくせにグリップは逆に握り易くなります。
持ち易くなるという事はそれは同時に撮影し易くなるということでもあります。
シャッターボタンも縦位置で構えた時にはさり気なく便利な、
予備シャッターボタンが小指の付け根付近に追加されました。

SIGMAのSD15の販売は製品発表時からその期待値が大きかった為に
出足もすこぶる好調で、なんと全国欠品で製品品切れ状態だそうです。
今からオーダーされても1ヶ月〜2ヶ月のウエイティング状態になっているとか?
特に18mm~50mmスターティングレンズキットでのセットものが無い状態らしいです。

話は変わりまして、最近ではこのSIGMAのSD15で
マクロの単焦点50mmレンズで猫ちゃんの顔ばかりを撮影しています。
眼にピントを合わせて露出補正マイナス2,0で曇りモードで室内撮影をしています。
柔らかなピンの広がりと毛並みの艶の雰囲気まで細かく描写してくれます。
マクロレンズの奥深さは何とも云えないその絵の面白さで、
ピントが1カ所に凝縮する集中力が味わえます。連写で適当に撮影していますから、
それほど神経質に構図を狙って構える必要もありません。

最初はシャッターの反応がスローリーで感覚が慣れませんでしたが、
一呼吸おいてから次の1枚も予備で切り取るような間合いで
なんとか使い続けて行くうちに慣れる事が出来ました。
この呼吸方法を自分なりに落ち着かせる事により、
今までとは違った絵がまた撮影出来るようになりました。
小さな事の連続で写真が出来上がって来る醍醐味は、
言葉にして的確に表現出来ませんが実に面白いものです。




にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

「空冷2気筒エンジンの面白さVER2 」

いつもいつも「空冷2気筒エンジンの面白さVer 2 」
ご覧頂き本当に有り難うございます。
マイペースでのんびりと無理をしない程度に頑張ります。
面白かった時だけクリックをお願い致します。
つまらない時はそのままスルーでも構いません。
これからも宜しくお願い致します。


加古 俊文



0 件のコメント: