私のスポクラスピリッツ

私のスポクラスピリッツ

2013年11月29日金曜日

クラシカルスタイルの新しいカテゴリー Nikon Df  試し取りです。






























































































































































































































































































































































Nikon   Df   SILVERで撮影です。




クラシカルなデザインを採用させ小型デジタル一眼レフボディーに、
最新式フラッグシップ機「D4シリーズ」の心臓部を組み込んで製作されたDf
さすがNikonはタイミング良く魅力的な商材を巧くリリースしてきます。
D3SやD3オーナーで満足度が適度に満たされていれば、
当然次世代モデルの新型D4シリーズへは簡単には靡きません。
良過ぎる作品の次なるモデルとしての壁と宿命でしょうか?
売上はそう簡単には右上がりには伸びない環境に直面致します。
それなりの定評のある高性能な近代的なハイスペックなる心臓部と、
昔懐かしき銀塩時代を彷彿させる適度な古いアナログ感に、
外観を50年代風のテイストで纏め上げたクラシカルデザインの融合で、
しかも既存のコレクションとはある意味全く被らない孤高の存在。
斬新なる変化球キャラで攻められたらそれはもうカメラ好きには堪りません。


この日はマニュアルフォーカス85mmの単焦点レンズにチャレンジしました。
カールツアイスの単焦点で中望遠域をカバーするシンプルな大口径レンズです。
まるで生き物のように頑固な性格とでも云いましょうか?
このレンズ、癖が多少御座いまして普通にシャッターを切っていても、
しばらく癖を見送りながら数百枚程度試し撮りを重ねて行かないと、
これまた何となくですが撮影気分が乗って来ない、
最先端アナログレンズの代表格なので御座います。


例えるのであればそれは熱変化率に非常に手間の掛かる、
アナログ真空管アンプに暖機運転代わりに熱を入れて、
同調キャリブレーションを掛けないと立ち上がらない面倒なレンズなのです。
天気の良い日に面倒くさいカメラを片手に適当に景色を色々と撮影です。
一番肝心な部分はスペックや能書きなんかよりも感覚的な指先の満足感でしょうか?
シャッターを切った時に感じる耳触りや振動の余韻も素晴らしく、
機械が持っている存在感と操作性とでも表現しましょうか、
ダイレクトなメカニカルタッチとそれなりの雰囲気を、
違和感すら感じさせずに堪能出来る素晴らしき設計と造り込みなのです。


目で被写体を追い掛けピントを合わせ指先のシャッターを味わう、
またシャッター音の余韻は反響音と空気振動で、
耳と肌で適度に撮影後の満足感までをも、
上品な残像余韻で間接的な領域へと高めてくれます。
使い捨てのデジタル時代に、このようなカメラ本来の
「モノの本質的な楽しさ」がこうして味わえるなんて!

加古 俊文





















0 件のコメント: